海藻の香りの記事一覧

☆はちみつの香り

甘口白ワインでは、比較的簡単に見つけることができます。
ただし、辛口白ワインとなると、難しいです。

辛口白ワインで、はちみつの香りを見つけることができたなら
それは、熟成のサインとなります。

モンラッシェやピュリニー・モンラッシェ、ムルソー、コルトン・シャルルマーニュなどの
ブルゴーニュの長期熟成型の白ワインで感じられます。

上品な甘い香りであれば、アカシア、西洋さんざしなどの「白い花」の香り。
濃厚な甘い香りは、バラ、ゆりといった存在感のある花の香り。
奥行きのある、甘い香り。それこそが「はちみつの香り」です。

☆蜜ろうの香り

辛口白ワインの熟成香がはちみつでありますが、
熟成した貴腐ワインにとっては、蜜ろうの香りです。

1991年のシャトー・ディケムには、蜜ろうの香りがかなり感じられます。

熟成のすすんだ白ワインにとっては、蜜ろうの香りは、現れてくる香りです。

蜜ろう

つや出しワックス

ランシオ

マニキュア

といったように変化していきます。

☆乳製品の香り

ワインのテイスティングにとって、乳製品の香り。
チーズ、ヨーグルトの香りは、あまり好感がもたれていません。

なぜなら、乳酸発酵がうまくいかなかったときに感じられる香りだからです。

それに反して、樽熟成を行った長期熟成タイプの白ワインでは、
バター香という香りを感じることができます。

ブルゴーニュのモンラッシェを代表とする白ワインでは、乳酸発酵をしています。
シャルドネ100%の辛口白ワインでは、乳酸発酵と樽熟成の香りとして知られています。

また、乳酸発酵からくるバター香は、ヘーゼルナッツ、ロースト・アーモンドの香りも感じることがあります。

☆ヨードの香り

ワインにおいては、海藻の香りと考えて下さい。
メルロ種の比率の高い、ボルドーのポムロール、サンテミリオンのワインには、醤油と磯の香りがミックスした香りを感じることができます。塩コンブ、海苔の佃煮の香りと似ています。

ワインテイスティング