ワイン購入と管理と販売の記事一覧

ワインの販売

  • 売上の計算方法
    総坪数あたり売上 = 売上金額 ÷ 総坪数
    営業面積あたり売上 = 売上金額 ÷ (総坪数x0.65)
    客単価 = 売上金額 ÷ (満席数x稼働率)
    ※総面積 レストランの敷地の総坪数
    ※営業面積 総坪数x0.65
    ※満席数 総席数x0.8
    ※稼働率 1日のうちで何回満席となるかという、回転数

酒類の課税数量

  1. ビール
  2. 発砲酒
  3. リキュール
  4. そのた醸造酒
  5. 清酒
  6. 単式蒸留しょうちゅう
  7. 連続式蒸留しょうちゅう
  8. 果実酒

日本人の年間ワイン消費量(2007年)

  • 2.39 l(750ml ボトル3.24本分)

国別ワイン輸入状況(2006年)

  1. フランス
  2. イタリア
  3. チリ
  4. アメリカ
  5. スペイン

 

 

 

 

ワイン購入と管理と販売

ワインの管理

  • ワインの保存条件
    • 温度は 12~15℃
    • 湿度は 70~75%
    • 暗所であること
    • 振動するところには置かない
    • 異臭のあるものと一緒に保管しない
    • ボトルはラベルを上にして、横に寝かせる

熟成スピードを左右する要素

  • 有機酸の量
  • ポリフェノール類の量
  • 樽熟成由来のポリフェノール類の量
  • 残糖の量
  • アルコール度数
  • エキス分の濃縮度合い
  • 遊離亜硫酸の量

ワインの熟成年数

  • ヌーヴォー
    ~6か月
  • シュル・リー
    1~2年
  • ロゼ
    1~3年
  • ボルドー白(辛口)
    2~5年(上級 3~10年)
  • ボルドー白(甘口)
    3~80年
  • ボルドー赤
    4~10年(上級 5~50年)
  • ブルゴーニュ白
    2~6年(グラン・クリュ 4~30年)
  • ブルゴーニュ赤
    2~8年(グラン・クリュ 4~30年)
  • ロワール白
    2~5年(甘口 3~80年)
  • 黄ワイン
    7~80年
  • アルザス
    2~5年(甘口 3~30年)
  • ライン、モーゼル
    2~10年(甘口 5~80年)
  • シャンパーニュ・ノン・ミレジメ
    2~5年(ミレジメ 4~10年)
  • ローヌ白
    2~10年
  • ローヌ赤
    2~50年
  • 国産白
    2~5年
  • 国産赤
    2~10年

ボルドーの収穫年の評価

  • 良作年
    1982年、1985年、1986年、1988年、1989年、1990年、1995年、1996年、2000年、2003年、2005年
  • 不作年
    1980年、1984年、1987年、1991年、1992年、1993年

原価管理

  • 原価 = (前月棚卸在庫金額 + 今月仕入金額)
    - (今月棚卸在庫金額 + 他部署への振替金額 + 社用金額 + 破損金額)
  • 原価率 = 原価 / 総合売上金額 x 100(%)

 

 

 

 

ワイン購入と管理と販売

ワインの輸入 船積み書類

  • 必要な船積み書類
    1. インボイス
    2. B/L(Bill of Landing)
    3. 分析証明書
    4. パッキングリスト
    5. 海上保険証券
  • 決済方法
    1. 信用状開設
    2. 一覧払い手形
    3. 期日付手形払
    4. 銀行送金
    5. 前渡金払い
  • 貨物引き取り
    • 輸入為替手形代金決済
      輸入為替手形とは、代金決済のために輸出者・船荷主が振り出す為替手形に船積み書類が添付されたもの。
    • 送金決済または前渡金決済の場合
      直接手紙か書留で船積み書類がくる。荷物を通関し、受け取ってから送金決済する。
    • 貨物引き取り
      輸入者が船荷証券(B/L)オリジナルに裏書の上、海上運賃と共に船会社に提出して貨物を引き取る。「乙仲」という運送専門の免許業者に書類を預けて、船会社の引き渡し場所から貨物を引き取る。
  • 通関
    • IC 直輸入通関
      輸入後、ただちに国内販売するために納税して、国内の貨物とする。
    • IS 保税倉庫倉入れ通関
      すぐに納税せず、輸入許可だけを受け保税倉庫に保管する。蔵置期間は、通関が許可された日より2年間
    • ISW 保税倉庫倉出し輸入通関
      IS通関した貨物に対し納税し、国内の貨物とする
  • ボトルのステッカー
    1. 種類
    2. 食品添加物の内容
    3. アルコール度数
    4. 容器の内容量
    5. 原産国名
    6. 輸入者名
    7. 輸入者住所
    8. 引取先
    9. プラマーク
    10. 未成年者禁酒表示
    11. 妊産婦の飲酒に対する注意(任意表示)

 

ワイン購入と管理と販売

ワイン輸入の商品選定

  • 酸化防止剤
    二酸化硫黄 SO2(亜硫酸塩、無水亜硫酸)
    →350ppm(0.35g/kg)未満
  • 保存料
    ソルビン酸
    →200ppm(0.2g/kg)未満

ワイン輸入価格条件

  • Ex Cellar
    現地倉庫前渡価格。
    *蔵だし価格
  • FAS
    輸出港本船舷側渡価格。
    *Ex Cellar + 港までの陸送運賃
  • FOB
    輸出港本船積込渡価格
    *FAS + 船積輸出手続費用
  • C&F
    海上運賃込価格
    *FOB + 海上輸送運賃
  • CIF
    運賃保険料込価格
    *C&F + 保険料

ワインの出荷と輸送(コンテナの種類)

  • リーファーコンテナ
    庫内の温度を13~15℃の定温に保てるので品質管理面では理想的。ただし積載可能量が減る上に、運賃が2~3倍になる。
  • ドライコンテナ
    庫内の温度管理は不可能。よって、船内でも吃水線(きつすいせん)の下に積み、エンジンなどの熱源から遠ざけて保管する方がよい。

ワインのコンテナ輸送の方法

  • FCL
    コンテナ丸ごと1個使用する場合、ワイナリーでコンテナにワインを積込み、コンテナごと港へ運ぶ
  • LCL
    少量の場合、トラックでワインを港へ運ぶ。他の荷主の荷物と混載するので日数がかかる。

 

 

 

 

ワイン購入と管理と販売