ワインの味は、甘口、半辛口、辛口と3つに分類できます。
辛口ワインに甘味を感じたときはどう表現したらよいでしょうか。

ぶどう果汁中の糖分がアルコール発酵してワインができますが、
糖分が残ってしまう場合、残糖分のあるものを、甘口、半辛口と
言われています。

貴腐ワインのような甘口ワインには、リキュールのようにとろり
とした、というような言葉を使います。
また、辛口ワインに対しては、マイルドな(なめらかな)という言葉を
使います。
また、辛口ワインには、糖分だけでなく、グリセリンの影響により
甘味を感じます。
グリセリンはアルコール発酵により生成されます。グリセリンの多い
ワインは、肉厚のあるワインと呼ばれることがあります。

甘味の表現として、次のような表現を使います。

鋭くさすような

堅くこわばった

乾いた

硬い

頑固な

ふっくらした

なめらかな

とろりとした

非常に甘い

甘ったるい

白ワインは、甘口から辛口まであるので、なかなか表現が難しいです。