ワインの味の数は、どれくらいあるのでしょうか。

基本的な味は4つです。

  • 甘味
  • 塩辛味
  • 酸味
  • 苦味

日本人にとっては、うま味と呼ばれているのがあります。

一般的には、

甘、辛、酸、苦の4つの要素の組み合わせで成り立っています。

ワインテイスティングにおいては、塩辛の味わいは除くと、

甘味、酸味、渋味の3つの味わいと
アルコールの4つの要素のバランスを見ていくことになります。

はじめて、ワインテイスティングをするビギナーにとっては、
辛口の白ワインから始めてみると良いです。

ほとんど、酸味とアルコールのバランスを見るだけですむからです。

では、ワインのタイプ別のチェック要素を整理すると
次のようになります。

■辛口白ワイン
酸味 + アルコール

■甘口白ワイン
酸味 + アルコール + 甘味

■赤ワイン
酸味 + アルコール + 渋味

■辛口ロゼ
酸味 + アルコール + (渋味)

■半甘口ロゼ
酸味 + アルコール + 甘味 + (渋味)

これを参考にすると、ワインテイスティングも
やりやすくなると思います。