ボルドーの若い赤ワインには、青ピーマンの香りがするものが
あります。青臭いぴり辛系の匂い、胡椒のスパイシーさが合体
したような匂いのことを指しています。

ピーマンの香りは、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン
のカベルネ種特有の香りです。
ロワールやボルドーを中心に栽培されているので、ロワールやボルドーの
若い赤ワインにはピーマンの香りを感じることができます。

このピーマンの匂いは、あまり熟されていないうちに摘み取ったカベルネ種
から造られたワインに特有の匂いと言われています。

ボルドーは、世界的に銘醸ワイン産地と言われていますが、
必ずしも適した場所とは言えず、土地的に冷涼な産地であり、
晩熟のカベルネ種が完熟することが難しいのです。

カベルネ種は、気候、風土への適性、栽培のしやすさから、ボルドーの
冷涼な土地には合っていました。
カベルネ・ソーヴィニョンは、カベルネ・フランとソーヴィニョン・ブランとの
自然交雑によってできた品種であるそうです。