香辛料というと辛いものと思われますが、甘いヴァニラ、ゴマ、乾燥させたみかんの皮、ハーブやたまねぎも広い意味で香辛料と呼ばれています。

よく、スパイシーな香りという表現をワインテイスティングで言うことがよくあります。

もう少し判りやすい言い方はないでしょうか。
具体的なスパイス名を言うと良いです。

では、よく使われるスパイス名は、

  • 胡椒
  • グリーン・ペッパー
  • 甘草
  • シナモン
  • 丁子
  • サフラン
  • 生姜
  • ナツメグなど

となります。

スパイスは、芳香と刺激味を持つ種子や木皮を乾燥させたものです。
ぶどうの実の中にある種子も外殻は木質部でできています。その香りをスパイスの香りとして感じられるようです。
ワインのスパイス香は、ぶどうの実とその搾り汁が接触している期間の長いワイン。樽熟成が長いワインによく表れてきます。

中長期熟成の赤ワインや辛口白ワイン、甘口白ワインにて感じられます。

特に、コート・デュ・ローヌのシラー品種とロワールやボルドーのカベルネ品種は、胡椒の香りがよく感じられます。

ぶどうの中の木が太陽に当たり熟すと、スパイス香が出てきます。
そのため、オーストラリアのシラーズやカベルネ・ソーヴィニヨンに甘草系のスパイス香が多いです。

ワインテイスティングで樽の香りと表現されることがあると思いますがそういうときは、ヴァニラの香りと表現しましょう。
ヴァニラの主要成分のヴァニリンは、樽に使われるオーク材にも含まれています。アメリカ産のオークとフランス産のオークでは、アメリカンオークの方がフレンチオークよりも甘いヴァニラの香りがして、フレンチオークの方が控えめなヴァニラの香りがします。