ワインテイスティングは、ワインの特徴を客観的に分析した結果を言葉で表現するというものです。ワインを表現する言葉は、たくさんありますが、とても情緒豊かな表現ができると、とても心地よく感じられます。コメントの仕方として、定量的なもの(濃淡、強弱など)と定性的なもの(色、香り、印象など)に分けられます。定性的なものは、ある程度、表現の仕方、言葉を覚えておいた方がしっくりしてきます。また、自分なりの表現の仕方、スタイルを作っていくと良いと思います。

外観の表現

  • 濃淡:濃い/中程度/淡い など
  • 色:紫がかった赤、オレンジ、白、緑がかった白、黄色、麦わら色、黄金色 など
  • 粘性:強い/中程度/弱い など

香りの表現

  • 果実:ブラックベリー、ラズベリー、グレープフルーツ、青リンゴ、トロピカルフルーツなど
  • 花:すみれ、アカシア、バラ、ジャスミン など
  • スパイス:胡椒、丁子 など
  • 強弱:強い/中程度/弱い など

味わいの表現

  • 酸味:強い/中程度/弱い
  • 渋み:強い/中程度/弱い
  • 甘味:極辛口/辛口/中辛口/中甘口/甘口/極甘口
  • 果実味:強い/中程度/弱い
  • ボディ:フルボディ/ミディアムボディ/ライトボディ
  • アルコール:高い/中程度/弱い
  • 余韻:強い/中程度/弱い

外観、香り、味わいの分析結果より、総合的に、ブドウの品種、産地、収穫年などを推定していきます。産地、収穫年は、なかなかずばりと当てることは難しいですが、産地の特徴を理解していると、おおよそ、どの地域なのか、また、熟成度合より、何年に収穫されたのかを推定できます。