食品保健

  • 消費期限
    概ね5日以内の期限で品質が劣化する食品が対象
  • 賞味期限
    美味しく食べられる期限のこと
  • 遺伝子組み換え表示
    大豆、トウモロコシ、ジャガイモ、なたね、綿実
  • アレルギーに関する表示
    卵、乳、小麦、そば、落花生
  • 食品添加物の表示義務
    全て表示義務がある
  • ワインの食品添加物
    亜硫酸ナトリウム≒亜硫酸塩≒二酸化硫黄
    (用途:酸化防止剤 0.35g/kg=350ppm未満)
    ソルビン酸カリウム
    (用途:保存料 0.20g/kg=200ppm未満)
  • 都道府県知事等の許可を必要とする業種
    飲酒店営業、喫茶店営業、酒類製造業を含む34業種
  • 食品衛生管理者
    食品製品など食品製造・加工業者で置かないといけない
  • 食品衛生責任者
    レストランなどの営業施設で施設または部門ごとに置く
  • 食中毒の届け出
    医師→保健所長→都道府県知事と厚生労働大臣
  • その他
    果実酒とは、酒精分(アルコール分)1%以上のもの
    ワインの輸入は財務大臣の許可が必要

食中毒

  •  食中毒は7月から9月に多発する。細菌性食中毒が多く、全体の69%を占める
    <細菌性食中毒>
    感染型:サルモネラ菌、カンピロバクター、腸炎ビブリオ菌、病原性大腸菌
    毒素型:黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌
    中間型:セレウス菌、O-157
    <ウイルス性食中毒>
    ノロウイルス、E型肝炎ウイルス、サポウイルス
    *ノロウイルスは、11月から3月の冬季に多い
    <自然毒食中毒>
    植物性:毒キノコ、ピーナッツのカビ、ジャガイモの発芽部・緑色部
    動物性:フグ毒、貝毒
    <発生件数が多い食中毒>
    サルモネラ菌、カンピロバクター、腸炎ビブリオ菌、ノロウイルス
    <食中毒予防3原則>
    汚染防止、増殖防止、殺菌