フランスの生産地

  • 栽培面積 83.4万ha
  • 年間生産量 5278万hl

今までの歴史

  • 古代ローマ人が現在のマルセイユにブドウ栽培をはじめました
  • ローヌ地方にブドウ栽培が伝わります
  • ブルゴーニュ地方、ボルドー地方にブドウ栽培が伝わります
  • その後、ロワール地方にブドウ栽培が伝わります
  • シャンパーニュ地方にブドウ栽培が伝わります
  • 8世紀にフランク王国、シャルルマーニュのカール大帝がキリスト教と共にブドウ栽培とワイン生産を奨励する。その結果、教会、修道院を中心にワイン生産が発展します
  • 18世紀になると、ガラス瓶とコルクを利用することが始まり、ワインの流通が拡大します
  • 1789年のフランス革命の以降、1855年にメドック地区とソーテルヌ地区にてワインの格付けが制定されます
  • このとき、ウドンコ病というワインの被害が広まります
  • フィロキセラという害虫による被害も出始めます
  • その次にベト病による被害も拡大します
  • 1935年より、AOC法が制定されます

ブドウの品種

  • 主な黒ブドウ(栽培面積順)
    1. メルロ
    2. グルナッシュ
    3. カリニャン
    4. シラー
    5. カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 主な白ブドウ(栽培面積順)
    1. ユニ・ブラン
    2. シャルドネ
    3. ソーヴィニヨン・ブラン
    4. ミュスカデ
    5. セミヨン