アメリカの産地 ノースウエスト

  • カリフォルニア州の北に位置するワシントン州、オレゴン州、アイダホ州で構成される地域はノースウエストと呼ばれています。ワシントン州、オレゴン州にまたがるようにして、カスケード山脈が南北に走っており、西側は雨の比較的多い海洋性気候、東側は乾燥した大陸性気候となっています。

ワシントン州

  • 栽培面積 12500ha
  • 生産量 683000hl
  • 栽培面積・生産量はカリフォルニア州に続き全米2位。カリフォルニア州より夏の日照時間が約2時間長い。ブルゴーニュとボルドーと同じ緯度にあります。
    • カスケード山脈の西側:海洋性気候
    • カスケード山脈の東側:大陸性気候
      *ワシントン州最大のAVAコロンビア・ヴァレーがあります。

オレゴン州

  • 栽培面積・生産量は全米4位。栽培面積 約6300ha
  • フランス銘醸ワイン産地とほぼ同緯度にあります。
  • ピノ・ノワールが中心的な品種で、州内栽培面積の57%を占める。
    • 太平洋沿いの海岸山脈とカスケード山脈の間の地帯
    • カスケード山脈の東側のコロンビア川流域の地帯

アメリカの産地 ニューヨーク

  • 17世紀中ごろ、オランダ人によってマンハッタン島に初めてブドウが植えられた。
  • 1950年頃、フランス人のシャルル・フルニエとロシア系のコンスタンティン・フランクの二人により、フィンガー・レイクス地方でビィティス・ヴィニフェラ系ブドウを使って真剣nなワイン造りを始めた。
    1. ヴィティス・ラブラスカ系
    2. フレンチ・ハイブリッド
    3. ヴィティス・ヴィニフェラ系

ニューヨーク州のAVA

  • フィンガー・レイクス
    生産量で州全体の85%を占める
  • ハドソン・リヴァー・リージョン
    アメリカで最も古い商業ワイン産地
  • ロング・アイランド
    海洋性気候がボルドーに似ており、ヴィティス・ヴィニフェラ系が栽培される。ロング・アイランドの先端はペコニック湾によって北と南に分かれる
  • ノース・フォーク・オブ・ロング・アイランド
    ロング・アイランドの先端がペコニック湾によって北と南に分かれるが、北がノース・フォーク
  • ハンプトンズ・オブ・ロング・アイランド
    ペコニック湾の南がハンプトンズ。小さい産地
  • レイク・エリー&ショートーカ
    ヴィティス・ラブラスカ系、フレンチ・ハイブリッドが中心
  • ナイアガラ・エスカープメント
    ニューヨーク州で最も新しいAVA。ピノ・ノワール中心。