ギリシャ

  • 栽培面積 13.0万ha
  • 年間生産量 429.5万hl
  • 気候タイプ 地中海性気候

ギリシャの品質分類

  • オパプ
    20地区。70%は古代からの産地で、最初の認定はナウサ。
  • オペ
    甘口とデザート・ワインのみ。品種はマスカットかマヴロダフネ。
  • トピコス・イノス
    ヴァン・ド・ペイのこと
  • エピトラペジオス・イノス
    ヴァン・ド・ターブルのこと。一般のモノ、カヴァと呼ばれる熟成タイプ、レツィーナに代表される伝統的アペラシオンの3つのカテゴリーに分かれる

ギリシャの主要産地

  1. 北部ギリシャ(マケドニア&トラキア):ナウサ地区
  2. テッサリア:オリンポス山麓にあるラプサニ地区
  3. 西部ギリシャ(イピロス)
  4. ペロポネソス半島:ヘラクレスの生誕地とされるネメア地区
  5. 諸島部:国内生産量20%を占めるクレタ島、フィロキセラ被害のなかったサントリーニ島、甘口で知られるサモス島など
  6. 中央ギリシャ:サヴァティアノが有名なアッティカ地区、酒神ディオニソスの母の故郷であるテーベ地区

ギリシャの主要品種

  • 黒ブドウ
    • アギオルギティコ
    • リアティコ
    • リムニオ
    • マヴロダフネ
    • モスコフィレロ
    • クシノマヴロ
  • 白ブドウ
    • アイダニ
    • アシリ
    • マスカット
    • サヴァティアノ

ギリシャワインの熟成規定

  • O.P.A.P.
    • レゼルヴ
      白ワイン 2年熟成。赤ワイン 3年熟成
    • グランド・レゼルヴ
      白ワイン 3年熟成。赤ワイン 4年熟成
  • O.P.E.
    • マスカット
      • ヴァン・ドゥー・ナチュレル
        同地域でとれたグレープアルコールを添加。1年以上熟成。残糖128 g/l
      • グラン・クリュ
        ヴァン・ドゥー・ナチュレルよりも厳選されたブドウを使用
      • ヴァン・ナチュレルマン・ドゥー
        完熟ブドウを麦わら上で10~15日乾燥させ、バヤノス酵母で発酵。デザートワイン。5年以上熟成。残糖 150 g/l
      • ヴァン・ド・リキュール
        8年以上熟成。残糖 180 g/l
    • マヴロダフネ
      • マヴロダフネ・オブ・パトラス
        パトラス産、品種はマヴロダフネ51%、コリンシアキ49%。甘口赤ワイン。アルコール度数15~22%
      • マヴロダフネ・オブ・ケファロニア
        ケファロニア産、品種はマヴロダフネ、コリンシアキ。甘口赤ワイン。
  • トピコス・イノス
    土着品種約300種の個々の風味特徴あり
  • エピトラペジオス・イノス
    • ヴァン・ド・ターブル
      品種や醸造方法の規定なし
    • カヴァ
      白ワインは2年以上、樽またはセラーで熟成。赤ワインは3年以上セラーで熟成。熟成開始年と瓶詰め年の記載が必要
    • レツィーナ
      品種はサヴァティアノ。醸造工程内で松脂が加えられ、特有の風味をもつ。白ワイン、ロゼワインがあり、ロゼはコッキネリという。