オーストリー

  • 栽培面積 4.96万ha
  • 年間生産量 250万hl
  • 気候タイプ 大陸性気候
  • 主要品種
    • 黒ブドウ
      • ツヴァイゲルト(=ロートブルガー)
      • ブラウフレンキッシュ
      • ブラウアー・ポルトギーザー
      • ザンクト・ラウレン
    • 白ブドウ
      • グリューナー・ヴェルトリナー
      • ヴェルシュリースリング
      • ミュラー・トゥルガウ
      • ノイブルガー

オーストリーのワインの歴史

  • 3世紀
    ローマ皇帝プロブスの奨励により、ワイン造りの基礎が築かれる
  • 1784年
    自国産ワイン保護のため、皇帝ヨゼフ2世がブッシェンシャンク法制定
  • 1869年
    KMW測定法開発
  • 1880年
    最初のワイン法成立
  • 2003年
    現在の原産地呼称法施行

品質等級

  • プレディカーツヴァイン
    補糖、ズースレゼルヴァの添加不可。アルコール度9度以上

    • トロッケンベーレンアウスレーゼ
      KMW30度以上
    • アウスブルッフ
      KMW27度以上
    • ベーレンアウスレーゼ
      KMW25度以上
    • アイスヴァイン
      KMW25度以上
    • シュトローヴァイン
      KMW25度以上
    • アウスレーゼ
      KMW21度以上
    • シュペトレーゼ
      KMW19度以上
  • カビネット
    KMW17度以上で、残糖9g/l以下。補糖不可。
  • クヴァイテーツヴァイン
    単一地域の指定された品種を原料とし、KMW15度以上。補糖後はKMW19度以下。アルコール度9度以上。
  • ラントヴァイン
    地理的表示付いテーブルワイン。KMW14度以上
  • ターフェルヴァイン
    日常消費用のテーブルワイン。KMW10.7度以上

主要産地

  • オーストリーの生産地は、4つの栽培地方に分けられる。さらに原産地は、栽培地域(16地域)に分けられている
    • ニーダーエスタライヒ州
      オーストリー東北部。国内栽培面積の61%を占める
      グリューナー・ヴェルトリナーの白ワインの評価が高い
    • ブルゲンラント州
      オーストリーの東部。国内栽培面積の29%を占める。
      赤ワイン国内生産の50%はこのエリアの生産。
      南部のズュートブルゲンラントは、国内で最も小さな地域
    • シュタイヤーマルク州
      スロヴェニアとの国境地域
    • ウィーン
      オーストリー首都郊外。グリンツィンク村でグリューナー・ヴェルトリナーから造られるホイリゲ(新酒)が有名。

ヴァッハウ地域の品質分類

  • スマラクト
    • 辛口の最高級ワインで「エメラルドのとかげ」から命名
    • KMW18.2度以上
  • フェーダーシュピール
    • 「鷹狩りの道具」から命名
    • KMW17~18.2度
  • シュタインフェーダー
    • 最も軽快なタイプ。「きゃしゃな野草」から命名
    • KMW15~17度