スペインの概略

  • 栽培面積 111.3万ha
  • 年間生産量 3890.7万hl
  • 気候タイプ 海洋性気候と地中海性気候
  • 主要な生産地 リオハ、ペネデス、リベラ・デル・ドゥエロ、ラ・マンチャ、ヘレス、マラガ、ナバーラ、バレンシア
  • 土壌 石灰岩、他に粘土質、砂岩、沖積土

歴史

  • BC1100年頃 フェニキア人がマラガ、ヘレスの周辺にブドウ樹を持ち込んだ
  • 1492 カトリック両王によってムーア人をスペイン国土から追放。ワイン生産の増大
  • 15C~17C 大航海時代。ワイン生産も全国で隆盛
  • 18C 近代的なシェリー生産体制が整備
  • 1926 リオハ原産地呼称統制委員会設立
  • 1932 ワイン法制定
  • 1933 ワイン法の発効
  • 1975 近代的な高品質ワインの生産が本格化
  • 2003 ワイン法の大幅改定

主なブドウ品種

  • 黒ブドウ
    • ガルナッチャ・ティンタ(=グルナッシュ・ノワール)
      ※主な産地:リオハ、ナバーラ、プリオラート
    • モナストレル(=ムールヴェドル)
      ※主な産地:レバンテ
    • ボバル
      ※主な産地:レバンテ
    • テンプラニーリョ
      ※主な産地:リオハ、ナバーラ
    • カリニェナ(=マスエロ=サムソ=カリニャン)
      ※主な産地:アラゴン、カタルーニャ、リオハ
    • グラシアノ
      ※主な産地:リオハ、ナバーラ
  • 白ブドウ
    • アイレン
      ※主な産地:ラ・マンチャ
    • マカベオ(=ビウラ)
    • パロミノ
      ※主な産地:アンダルシア
    • ペドロ・ヒメネス
      ※主な産地:アンダルシア
    • ベルデホ
      ※主な産地:カスティーリャ・レオン
    • チャレッロ
      ※主な産地:カタルーニャ
    • パレリャーダ
      ※主な産地:カタルーニャ
    • アルバリーニョ
      ※主な産地:ガリシア