イタリアの地形による産地区分

  • 山麗地帯
    ⇒ヴァッレ・ダオスタ、ピエモンテ、ロンバルディーア(北部)、トレンティーノ・アルト・アディジェ、ヴェネト、フリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア
  • パダナ平野
    ⇒エミーリア・ロマーニャ、ロンバルディーア(南部)
  • ティレニア海沿岸とイタリア中部
    ⇒リグーリア、トスカーナ、ウンブリア、ラツィオ、カンパーニア、バジリカータ、カラーブリア
  • アドリア海沿岸
    ⇒マルケ、アブルッツォ、モリーゼ、プーリア
  • 地中海沿岸
    ⇒シチーリア、サンディーニャ

土壌とワイン

  • カルシウムの豊富な石灰質土壌
    ⇒ワインに上品さや骨格のある健やかさを与える
  • カリウム豊富な火山岩質土壌
    ⇒糖度の高いブドウが育つ
  • 鉄分豊富な粘土質土壌
    ⇒色素が豊富でアルコール度の高いワイン
  • 窒素豊富な肥沃な黒土
    ⇒アルコール度数が低く、保存があまりきかないワイン
  • リンが少ない堆積岩や火山岩土壌
    ⇒上品なワイン
  • 砂質土壌
    ⇒香りがよく、アルコールが適度であり、色素が乏しい口当たりの軽いワイン