イタリアの概略

  • 栽培面積 84.2万ha
  • 年間生産量 5402万hl
  • 気候タイプ 亜熱帯地中海式気候、高山性気候
  • 生産地域 全20州(北緯37~47度)、南北1200k

イタリアの歴史

  • BC6C
    古代ギリシャ人が南イタリアにワインを伝える。古代イタリア人は、イタリア半島のことを、エノトリーア・テルスと呼んでいました。その当時、ワインをピトイという大きなテラコッタの壺に入れていました。
  • 9C
    フランク王国カール大帝により、ワイン造りが奨励されました。
  • 18C
    農業学校が誕生しました。
    1716年、トスカーナ大公のコシモ3世がキアンティ、ポミーノ、マルミニャーノなどの生産地の教会を決めました
    1773年、イギリス人のジョーン・ウッド・ハウスがシチリアで酒精強化ワイン、マルサーラの生産を始めました
  • 19C
    1847年、ベッティーノ・リカソリが「リカソリ男爵の公式」を考案しました。キアンティワインを飲みやすくするために、サンジョヴェーゼ主体で、カナイオーロ・ネーロとマルヴァジーア・デル・キアンティを混ぜて醸造しました
  • 20C
    体系的なワイン法が制定されました

イタリアワインの地域毎の特色

  • 後背地に山岳を持ち、昔はジビエを常に食べていた地域
    ⇒トスカーナ州、ピエモンテ州
    ※香りとタンニンの強い赤ワインが多い
  • 平野で牛や羊など家畜を常に食べていた地域
    ⇒ヴェネト州、エミーリア・ロマーニャ州など
    ※軽めの赤ワインが多数
  • 湖や河川の淡水魚をたくさん食べていた地域
    ⇒ウンブリア州、ラツィオ州
    ※淡白で軽めの白ワイン
  • 脂肪の多い海水魚や甲殻類を食べていた地域
    ⇒イタリア南部の州や島など
    ※アルコールの高い白ワイン