ドイツの13生産地域

地域名、特色・特記事項、代表的なブドウ品種、土壌を紹介します。

  • アール
    • ライン河の支流のアール河の流域地帯
    • 黒:シュペートブルグンダー
    • 黒:ポルトギーザー
    • 火山岩の混じった粘板の岩
  • ミッテルライン
    • ナーエ河河口、ビンガーブリュックからジーベンゲビルゲまでのライン河沿い
    • 白:リースリング
    • 黒:シュペートブルグンダー
    • 粘板の岩質の急斜面
  • モーゼル
    • モーゼル河とその支流のザール河とルーヴァー河の3つの河の流域
    • 白:リースリング
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 白:エルブリング
    • シーファー土壌と呼ばれるスレート状の石の急斜面
  • ナーエ
    • ビンゲンでライン河に注ぐナーエ河流域
    • 白:リースリング
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 黒:ドルンフェルダー
    • 黄土層粘板質の砂や土、石英岩がまじりあっています
  • ラインガウ
    • ロルヒハウゼンからアスマンズハウゼン、ヴィスバーデンまでのライン河北側
    • 白:リースリング
    • 黒:シュペートブルグンダー
    • 黄土層、粘板岩の細かい粒度の砂と粘板岩がまじりあっています
  • ラインヘッセン
    • ドイツ最大の栽培面積を誇ります
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 白:リースリング
    • 白:シルヴァーナー
    • 黒:ドルンフェルダー
    • 黄土層に石灰岩が混ざっています
  • ファルツ
    • ドイツの中では、割と温暖な地域一帯、ラインヘッセンの次に大きな産地
    • 白:リースリング
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 黒:ドルンフェルダー
    • 黒:ポルトギーザー
    • 粘土質の細かい粒度の砂、風化した石灰岩
  • ヘシッシェ・ベルクシュトラーセ
    • ハイデルベルグの北に位置し、西はライン河、東はオーデンの森までの地域
    • 黒:シュペートブルグンダー
    • 黄土層
  • バーデン
    • ハイデルベルグからボーデン湖までのドイツ最南端の地域
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 白:グラウブルグンダー
    • 黒:シュペートブルグンダー
    • 黄土層、粘土質の細かい砂、火山岩、貝殻など
  • フランケン
    • マイン河とその支流の両岸。旧西ドイツでは最も東に位置します
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 白:シルヴァーナー
    • 黄土層、貝殻などの石灰岩
  • ヴュルテムベルク
    • ドイツ最大の赤ワインの産地、ネッカー河とその支流の両岸
    • 白:リースリング
    • 黒:トロリンガー
    • 黄土層、貝殻などの石灰岩
  • ザーレ・ウンストルート
    • ドイツ最北の地域
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 白:ヴァイスブルグンダー
    • 貝殻などの石灰岩、砂など
  • ザクセン
    • ドイツ最小の栽培面積、ドイツで最も東の産地です
    • 白:ミュラー・トゥルガウ
    • 白:ヴァイスブルグンダー
    • 粘土質の細かい砂など

収量制限

指定された栽培地域毎に、最大収量が決められています。

  • モーゼル
    • 125 hl/ha(エルブリングは除く)
    • 150 hl/ha(エルブリングのみ)
  • フランケン
    • 90 hl/ha
  • ラインガウ
    • 100 hl/ha