フランスのボルドー、ブルゴーニュなどは、ワインの等級、格付けなどが体系的にまとめられており、ワインの品質を客観的に把握することができるようになっています。しかし、国産ワインにとっては、ワインの品質を証明できるようなワイン法は、今のところ見当たりません。このような現状に対して、世界的に認められるためにもワイン法を明確化する必要があることから、国が力を入れ始めました。

今まで、輸出するワインに対して、海外よりブランド力に欠けているとの指摘があり、日本もフランスのボルドー、ブルゴーニュのようにブランドを保護する、ワインの産地、品質を認定するための法律を制定するため、早ければ来年の通常国会でワイン法案を提出されることになるかもしれないようです。

今後、ワイン法が制定された場合には、海外に輸出する際に、日本ワインがより認められて、品質の良いワインが消費者に提供されると予想されます。

ワインを選ぶ基準として、産地と品質が重要であり、消費者は、ブランド名でワインを選んだりします。より品質の良い日本産のワインを認知されるようになるためには、とても良いことだと思います。また、どうしても日本産ワインは、フランス、イタリアなどの欧州ワインなどと比較すると、あまり認知されていない感があるので、品質の良いワインが世界中で楽しんでもらえることを期待しています。